20150715

まわりに子どもを産んだひとがたくさんいます。
結婚したひとがたくさんいます。
新しく恋人に同士になった時、新しいいのちのはじまりの時、家族ができた時。

自分という人間がこの場所に居るということを自覚できるようになってから、
まわりの人たちの大切な瞬間にその場を共有するということは、
自分の中の考え方や感覚を大きく変えました。

考えることを停止するのも、忘れるのも、みんなもういいんじゃないか。
考えるのが難しいというなら、まずは身近なひとたちが、突然に消えてしまうことを想像したらいい。
きれいさっぱり、こちらの一方的な想いを残して
目の前から自分のたいせつなひとが消えてしまうことを想像したら、どう思いますか。

そんな想像はしたくもありませんが、今の日本ではそんな未来もありうるのです。

全国で、同時多発で、声が上げています。
その場に居て、少し注意を向けるだけで、人間の五感はちゃんと伝えてくれます。
足を運んでほしいです。

今日、挨拶したひと、ごはんを一緒に食べたひと、けんかしたひと、抱き合ったひと、などなど。
この先の未来でも、
人間としての当たり前の生き方をしていて、会いたいと願うのです。